症状別のご案内

パイプカットの手術

精巣で作られた精子は精管という管を通って運ばれ、性的刺激があると、前立腺の液と融合し、精液として尿道を通して射精します。パイプカット(精管結紮術)とは陰嚢の皮膚を約1cm切開し、精管を体外に引っ張りだし切断し、その精管の両断端を糸で結んだ後陰嚢内に戻し、陰嚢の皮膚を縫合する手術です。精子の通り道を断つため、精液は出ますが精液の中に精子が含まれないため、術後は妊娠に至る事はありません。
ただし手術してしばらくは切断された尿道側の精管内には精子が残っているため、この精子が排泄されるまでは妊娠が成立する可能性があるため、手術の約1カ月後に精液検査を行い、精液の中に精子が含まれないことを確認して全て終了です。手術をしたらすぐに不妊状態になるわけではありません。この手術の合併症は下記の通りです。

1.出血
どんな手術にでもいえることですが、手術直後に手術部に外力が加わると出血する可能性がありますので、手術後1週間は性行為や運動はしないで下さい。
2.感染
どんな手術にでもいえることですが、人工的に切開して傷を作るわけですから、手術部に細菌が入り感染を起こす可能性はあります。よって数日は感染予防として抗生物質の内服が必要です。また手術から1週間後の抜糸まで傷を消毒する必要があります。
3.精巣上体炎
手術により精管を切断するわけですが、精巣側の精管内の精子は自然に吸収されます。吸収される速度には個人差があり、その速度が遅いと精子の通り道である精巣上体に炎症を起こし精巣上体炎となり、精巣上体が腫大し痛みを生ずることがあります。その場合は抗生物質により対応します。
4.精管の再開通
正しい手術をしていても、切断された精管どおしが自然にくっつき再開通して妊娠に至ることがまれにあり報告されています。当院では切断した精管を糸で結ぶだけではなく、精管の両断端を焼く処置を加えています。ただ私は数多くこの手術を行っていますが、精管の再開通の経験はありません。

以上がパイプカットの解説です。この手術は保険が効きません。自費診療となります。

治療費 ¥86,400円(税込)

この治療費の中には、術後の消毒・薬代・精液検査の費用が含まれています。

  • 男性特有の症状
  • 女性特有の症状
  • 前立腺の病気
  • 性感染症
  • 尿のお悩み
  • ED(勃起障害)
  • パイプカットの手術
  • 一般の皮膚疾患
  • 陰部の皮膚疾患
  • 男性型脱毛症(AGA)

横浜東口鳥居クリニック

横浜東口鳥居クリニック入口

住所
〒220-0011
横浜市西区高島2-14-13
エストビル3F
TEL
045-450-3331
FAX
045-450-3341
受付
9:00~12:45
15:00~18:45
診療
午前
午後
午前
9:00~13:00
午後
15:00~19:00
休診
土曜午後、日曜、祝日

予約制ではありません。
9時~10時、18時~19時以外の時間帯は30分以上お待たせすることはほとんどありません。

  • ●車でお越しの方へ
    当院の駐車場はありません。隣のビル ジャスト2号館に有料の駐車場があります。
  • 協力連携病院

ページトップへ